トピックス

マイクラで学べる新コース誕生![原稿20240430]

投稿日:2024年5月9日
「大人になったらパソコンを使うのに、スマホとゲームばかりで大丈夫かしら」
 
スマホとゲームが好きなお子さまでも楽しくパソコンに触れ、
遊びながらプログラミングの学習ができる新コース
「ひよこFIAスタンダードコース」が誕生しました!
 
この新コースで何より重要なのは、
お子さまたちにも大人気のゲーム、マインクラフト(マイクラ)を通して
今後の社会に必須スキルと言われるプログラミングを学ぶことができることです。
 
さらに、小さく簡単なステップを繰り返して進むので、
「できた!」を増やして自信を養うことができます。

【新コースの特徴】(カードで横に並べるイメージ)

①スマホから離れパソコンで学ぶ
将来のための時間

就職時にはパソコンが必須な現代で、
小中学校の時からスマホだけでなく
パソコンに触れた経験そのものが
大きな財産になります。

②教室の先生と動画授業の
ダブルチューター制

企業や学校でも取り入れられている
動画で学ぶe-ラーニングを軸に、
自分のペースを崩されることなく学びつつ
先生にいつでも質問できる体制です。

③「アルファベット」「ローマ字」
「英単語」「タイピング」をマスター

プログラミングを学び、使う際には
ローマ字や英単語が多く出てきます。
タイピングしながら何度も使うことで
自然とマスターできます。

④個別対応型の授業なので、
お休みや振替をしても大丈夫

毎週決まった曜日では通いにくい
事情がある方にも、
柔軟な予約制で好評を
いただいております。
(↑④はひよこパソコン教室の中のトピックスには不要?)
 
【学習ステップ】
 
学習の流れは大きく初級・中級・上級の3ステップあります。
 
(↓3行の表イメージ)
初級:難しいコードを使わない、直感的なプログラミングで考え方を学ぶ
中級:少しずつコードを学びながら初級の内容を復習
上級:自在にコードを駆使してミッションに挑戦!
 
まずはコード不要のプログラミングで始めるから、
難しいコードで苦手意識が芽生えてしまうこともありません。
 
初級・中級・上級のそれぞれを
さらに細かくステップ分けしており、
動画授業主体なので「周りの子よりも遅れている」と
焦らされることなく、自分のペースで着実に成長できます。
 
【ワードやエクセルなども学べる】
 
お子さまが大人になってから使うのは、
プログラミングだけではありません。
 
ひよこFIAスタンダードコースなら
ワードやエクセル、パワーポイントなどの基礎的なパソコンスキルも
お子さまの好みや必要に合わせて学ぶことができます。
 
実は、プログラミングとワード、エクセルなどを
一緒に学べる教室は多くありません。
 
「パソコンの基礎だけ」「プログラミングだけ」など
1つの分野だけ勉強しているとお子さまたちは飽きてしまいやすく、
もしも苦手なことが出てきてしまうと
その時点で学習がストップして挫折してしまうことがあります。
 
自分のペースでやりたいことをやる。
それが将来のための学習になる環境が
ひよこFIAスタンダードコースです。

まずは、無料体験・カウンセリングをお試しください。

プログラミングが”お勉強”になる前に楽しく身に付けませんか?

中・高生になってから、「教科書で頭をかかえながらプログラミングを学ぶ」のと、

「マイクラで遊びながら自然に学べてしまう」のでは、その労力は雲泥の差です。

  

保護者の皆様へ

どんな良いことがあるの?

小学生低学年になぜオススメなの?

プログラミングって何を学ぶの?

将来の武器のため?

 

レベルにあわせた4つのステップ

プログラミング 初級

プログラミング 中級

プログラミング 上級

 

プログラミング教室

小さなステップを繰り返しながらプログラミングの仕組みを学びます

 

プログラミング教室の特徴

POINT 1

パソコンを使って学びます

詳しく見るarrow

 

一般的な小学生向けのプログラミング教室は、タブレットを使って学ぶものが多く存在しますが、当プログラミング教室はパソコンを使って学びます。近年、スマートフォンやタブレットの普及により、大学生でもレポートをスマートフォンやタブレットの音声入力機能で作っているほど、学生たちのパソコン離れが進んでいます。

一方で、就職するとパソコンのキーボードを操作して、様々なアプリケーションを使いこなす力が要求されます。そこで私たちは長年にわたり文部科学省が提唱している生きる力(ビジネススキル)を自然に身につけさせるために、小学生のうちからパソコンに慣れ親しむことを目的としてパソコンを使用しています。

 

パソコンを使って学びます

 

POINT 2

教室の先生と動画授業による

ダブルチューターシステム

詳しく見るarrow

 

今の子ども達にとってタブレットやスマホは産まれる前かららある身近なもの。更にYouTubeの普及により、遊びはもちろん勉強も動画で行うイーラーニングが当然の時代になりました。そういった背景から、プログラミングの授業も自分のペースで学習できるようイーラーニング形式になっています。もちろん教室には先生も常駐していますので、動画をみてもわからないところなどは、先生がサポートします。企業研修などでもイーラーニングが取り入れられてきている現代社会において、動画で学ぶことに慣れる事はこれからの子どもたちに必要なスキルだと考えています。

 

教室の先生と動画授業によるダブルチューターシステム

 

POINT 3

「アルファベット」「ローマ字」

「英単語」が身に付きます

詳しく見るarrow

 

プログラミングを行う上で避けて通れないアルファベットと英単語。そしてローマ字。当プログラミング教室では、お子様がやりたいと言った時が学びの時だと考えています。パソコンのキーボードは大文字、画面に表示されるのは小文字なので、戸惑うお子さんが少なからずいます。教室ではアルファベットの大文字・小文字からしっかり指導いたしますのでご安心ください。

さらに、プログラミングの授業とは別にタイピングの練習も行っていますので、キーボードの配列とローマ字読みもマスターできます。特にタイピングは慣れてくると、競い合うように練習に力が入ることもあり、とても楽しみにしているお子さんもたくさんいらっしゃいます。

 

「アルファベット」「ローマ字」「英単語」が身に付きます

 

POINT 4

個別対応型の授業なので、

お休みや振替をしても大丈夫

詳しく見るarrow

 

一般的なプログラミング教室は集団授業型のものが多く、曜日の選択や振替授業で融通が利かない、振替ができないという教室もあります。これでは他の習い事と併用して通うことが難しいですが、当プログラミング教室の授業は、個別対応型の指導になっています。そのため教室の開講曜日から自由に授業日や振替日を選択して通うことができるので、忙しい小学生でも通うことができます。またアンイングリッシュGROUPの学習塾と併用して通うことができる時間割になっているので、保護者様の送迎のご負担も軽減できます。

 

個別対応型の授業なので、お休みや振替をしても大丈夫

 

プログラミング 初級

メイクコードとマインクラフトを使って学ぶプログラミング

 

知らず知らずのうちに

「プログラミング・論理的思考」の仕組みを理解する

一番大切な入口です。

小さなステップの繰り返しでプログラミングの基本を自然に学べるカリキュラム構成です。

進級するごとに変わるオリジナルの世界(ワールドミッション)にワクワクしながら、新たなテクニックを使い、徐々に複雑化するプログラミングをこなしていきます。

 

初級 カリキュラム

初級

映像授業を見ながら理屈ではなく お手本通りに組み立ててプログラミングの仕組みを理解する

授業は映像を見ながら自分のペースで学習していきます。初めて耳にするプログラミング用語などは、最初から理解できるはずはありませんが、動画のお手本をみながら 「このミッションはこの方法でクリアするんだな…」とプログラミングの型を覚えていきます。

プログラミングの用語などは映像学習の中で何度も出てきますので、自然と用語も覚えるようになります。つまり何度も繰り返し見たり聞いたりすることで、プログラミングを身につけていきます。ゲームのように続ける中で、理屈ではなくそういうものとして身につけていけます。

 

マイクラ®のプログラミングでは、 小学校で使うスクラッチ®ではなくメイクコード®で学びます。

初級スクラッチ®もメイクコード®も、同じビジュアル系言語ですが、メイクコード®にはプログラミング言語のJavaScript®に自動翻訳できる機能が備わっているからです。

将来、本格的なプログラミング言語を学ぶ時、メイクコード®なら過去にさかのぼって復習したり、チェックすることが出来ます。

 

子ども達がマイクラ®を通じて学ぶ「論理的思考力」

当塾のプログラミング教室は、子どもたちに人気のゲームであるマインクラフト®がベースなので、「これで本当に勉強になるのかしら?」とか「子どもたちは楽しそうにパソコンに向かっているだけじゃないかしら?」とお母さんが疑問を持つのも当然です。しかし、当教室は、お子様が楽しみながら本格的なプログラミングを習得できるようにプログラミングされています。

 

子どもの思考フロー

制作者の意図

プログラミング 中級

JavaScript®言語登場!!

ここから本格プログラムを学習する

初級で覚えたプログラミングの型を復習しつつ実際にプログラマーが見ている画面と近い環境での学習になって行きます。これまでのプログラムからテキスト形式のプログラムに切り替えるとどうなっているのかを見比べながら、JavaScript®というプログラミング言語に慣れていき、知らず知らずの内にプログラマーへの第1歩を踏み出します!

 

中級 カリキュラム

中級

初級以上の論理的思考力が必要な問題で構成されています

初級プログラミングのテクニックは初級で学んだ内容の復習になりますが、メイクコード®で解く問題は少し複雑になります。クリアする条件の難易度が上がっているので、初級の単純な形式よりも少し複雑に考える必要があります。さらにプログラミングもJavaScript®言語による内容も登場し、本来のプログラミング仕様に少しずつ慣れるような学習となっています。

 

プログラミング 上級

JavaScript®のみで

課題にチャレンジ

本格プログラミングの学習です

ビジュアルプログラミングを使わず、プログラミング言語のみで初級・中級の時に学んだプログラミング手法を駆使しミッションを進めていきます。言語と記号と数字のテキストプログラミングで、本来のプログラム体系を修得していきます。これは実際にプログラマーが使っている言語のためテキスト形式で書きたい命令が自由に表現できるようになればお子様もJavaScript®が使えるプログラマーの仲間入りです!

 

上級 カリキュラム

中級

街づくりをテーマに建物の完成をイメージして

プログラミングの応用力を育てます

初級

 

初級・中級では平面が中心のミッションでしたが、上級は建築が中心の内容になります。

プログラミングのテクニックはもちろん、空間認識の思考も鍛えられます。

建物を組み立てる手順と、実行するプログラミングテクニックを考える必要があるからです。

ゲームとしてのマイクラであれば、自分で様々な方向から組み立てる動きをするのは簡単です。

これを指示としてプログラミングする場合、タテ、ヨコ、高さに加え、カベはこの素材、屋根はこの素材、窓にはガラス…と、持ち物を替える必要もあります。 学習を進めながらそういう思考も、自然と考えるようになります。

 

プログラミングの授業の流れ(入会時)

宿題提出

家で頑張ってきた、

アルファベット・英単語暗記帳を

提出します。

 

※プログラミングをするための単語練習なので、細かいところまでのチェックはしていません。モチベーションを上げることが目的です。

 

あいさつ

大きな声で

ごあいさつをします。

 

※礼儀やけじめをつけることは大切です。

 

タイピング練習

タイピングが速いことは

プログラミングのみならず、

大学・社会人になってからの

時短に役立ちます!

 

※キーボードのホームポジションも併せてマスターします。

 

プログラミング授業

説明動画を見ながら

マイクラ®とメイクコード®を

操作し、プログラミングを

学びます。

 

※礼儀やけじめをつけることは大切です。

 

宿題提示

今回やった

プログラミング授業で出てきた

英単語の復習、次週に

どんな内容のプログラミングを

やるのかの確認をします。

 

授業終了

元気に終わりのあいさつをして

授業は終了になります。

 

無料体験はこちらから